留学したい人が集まるサイト!

*

金持ちはスラング英語がうまくなり、貧乏人は敬語がうまくなる

留学をするには結構お金がかかります。それは学費を始め渡航費、保険料、現地での生活費などです。以前は留学というとある程度お金がなくてはできませんでした。特に人気のアメリカは、費用が高めの傾向がありました。しかし、今は格安のアメリカ留学エージェントなどもあり、費用を抑えるための情報もたくさんあります。そのためにどんな人でも留学をしたいという意志があれば留学を目指すことが出来るようになってきているのです。
そして実際に留学をする人の中でやはり裕福な家庭で留学の費用に関して何の問題もないという人もいます。反対に、英語は学びたいけれど、生活は苦しくなるから現地でもアルバイトを余儀なくされるという人もいます。両極端に分れる生活レベルですが、ここで英語力にも差が出てくることもあります。
例えば、裕福な家庭でお金に全く心配がない留学生の場合、時には友人に誘われたパーティーに参加したり、特別なイベントに参加するということもありますよね。意外にも外国の裕福な家庭の子供は、遅咲きでちょっと不良ぶっているということもあります。またそれによりスラング英語をよく使うということもあります。すべての生徒がそうであるとは限りませんが、特に付き合う友人のタイプによっては、学校で習得する英語力、そして生活でよく使うスラング英語が飛躍的に伸びるという傾向があります。
反対に留学をするけれど、生活費なども心配があるという経済的に裕福ではない家庭の場合、留学中にアルバイトなどをすることもあるでしょう。また学校の生活の中でも限られた留学の期間、いろいろなことを習得できるように先生にも質問をしたり、勉学に積極的と生徒も少なくありません。そういった目上の人とかかわることが増えてくると自然と会話の中で敬語を学んだり、その目の人と話すような英語の使い方を学ぶことが出来るようになるのです。そしてそれはのちの就職試験なども大きく役立つこともあります。
このように留学をする時のその人の経済状況と、学ぶ英語については独特の傾向があるなあと感じています。

PR
ライブチャットランキング|スマホアフィリエイト|女性の人生|PagerankExplore|ライブチャット|心の童話|ショッピングカート設置|seoリンク|相互リンク募集中|童話集|自費出版しようぜ!|

公開日:
最終更新日:2016/04/07